BLOGブログ

ハイボールは太るのか?太らないのか?パーソナルトレーナーが解説

ハイボールは太らない。

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか?

老若男女、様々な方に人気のハイボールですが、本当に太らないのでしょうか?

ダイエットのプロの、パーソナルトレーナーがご説明をしていきます。

ハイボールとは?

ハイボールはウイスキーを炭酸水で割ったお酒となります。
ウイスキーと炭酸水の割合は人によって違いますが、基本的には4:1の割合となります。

ウイスキーの原料は、トウモロコシ、小麦、ライ麦などで、アメリカ、スコットランド、アイルランドで多くが作られています。

ハイボールのアルコール度数

ハイボールに使われているウイスキーは、お酒の中でもアルコール度数が高い分類です。
その度数は40度を超えるものがほとんどです。

ですので、度数が高いウイスキーで割っているハイボールは、7〜9のアルコール度数があります。
皆様がよく飲まれるビールの度数が、5度ですのでビールよりアルコール度数が高いということになります。
さらに、ウイスキーの割合が多いほど度数が高くなります。

ハイボールのカロリー

ハイボールはウイスキーと炭酸水で割ったお酒ですが、炭酸水はカロリーが0なので安心ができます。

ウイスキーのカロリーですが、100mlで237kcalとなります。
グラス1杯(200ml)あたりのカロリーは95kcalです。

ビールのカロリーが145kcalですので、ハイボールのほうが太らないといえますね。

ハイボールは糖質が0?

ハイボールが太らないと聞くのは、この理由が1番かと思います。
ハイボールには糖質が入っていません。

糖質は三大栄養素の一つですが、この糖質は摂りすぎてしまうとエネルギーとして使われずに脂肪に変わってしまう特徴があります。
ですので、ハイボールは太らないと言われています。

逆に、ビールや日本酒は糖質が高いお酒となります。

ハイボールはプリン体もほぼゼロ

ハイボールにはプリン体がほとんど入っていません。

プリン体とは、摂取すると肝臓で分解されて尿酸に変わります。この尿酸が蓄積してしまうと「痛風」の原因になります。

ビール100mlあたりに含まれるプリン体は5〜6mgですが、ウイスキーは0.1mgと、かなり低いので尿酸値が気になる方にもオススメです。

ハイボールと他のお酒の比較

ハイボールには糖質ゼロ、プリン体もほぼゼロとご説明しました。
では、他のお酒と比較してどうなのでしょうか?

ハイボールのカロリーの比較

ハイボールは太らない。
では、他のお酒とカロリーはどうなのでしょうか?

・ハイボール・・・95kcal
・ビール・・・145kcal
・日本酒・・・214kcal
・ワイン・・・150kcal
※200mlあたりのカロリー

ハイボールの糖質の比較

ハイボールには糖質がゼロですが、他のお酒はどうでしょうか?

・ウイスキー・・・0g
・ビール・・・3.2g
・梅酒・・・20.9g
・チューハイ・・・3g
・日本酒・・・4.2g
※100gあたりの糖質量

このように比べてみると、他のお酒には糖質が含まれていることがわかります。

ハイボールを楽しむ為の注意点

ハイボールは糖質がゼロで、大イエット中にはオススメのお酒です。
しかし、そのハイボールにも注意点があります。

ウイスキーを炭酸水以外で割らない

ハイボールを飲む方のほとんどが炭酸水で割って飲むと思います。
炭酸水はカロリーがゼロですので、もちろん問題はありません。

しかし、甘く飲みたい方はジンジャエールやコーラなどの清涼飲料水で割って飲む方がいます。
もしコーラで割ってしまうと、余分に46kcal、糖質が11gも摂ってしまうことになります。

ですので、ハイボールは炭酸水で割るのが良いでしょう。
味に変化を出したいときは、レモンなどを絞ることで味を変えることができますよ。

おつまみの選び方

最も注意が必要なのは、何のおつまみを選ぶかです。

ハイボールはさっぱりとしていて飲みやすいため、どんなおつまみにも合うのが特徴です。
お酒がすすむと、味が濃いおつまみを食べたくなります。

おつまみの定番の唐揚げや、ポテトフライなどの揚げ物はハイボールに合いますが、カロリーや脂質が高いです。
揚げ物は避けて、野菜や刺し身などヘルシーなものを選びましょう。

まとめ

ハイボールは確かに他のお酒よりも、カロリーや糖質が低いです。
しかし、ウイスキーの割合を多くしたり、味が濃い揚げ物などおつまみに選んでしまうと、ダイエットには向いていません。

ウイスキーの量とおつまみの選択に気をつけて、お酒を楽しみながらダイエットを頑張りましょう。

Rejuv Fitnessではトレーニングだけではなく、食事やサプリメントなどのご相談も受けています。

1人で頑張ってもなかなか難しいと思う方は、是非Rejuv Fitnessのパーソナルトレーニングを受けてみてください。

Rejuv Fitnessには接骨院も併設しているため、国家資格を持っている医療従事者による骨盤矯正やストレッチで美脚作りのお手伝いができます。

是非お気軽にお問い合わせくださいね。

Rejuv Fitness
岐阜六条店
岐阜市六条北3-20-10
0583383504

見学・体験予約はこちらから

SHARE!

BLOG TOP