BLOGブログ

ケトジェニックダイエット、ローファットダイエットの違いとは?

皆さんはダイエットは糖質制限のダイエットだけだと思っていませんか?

ダイエットには様々なダイエット方法があります。

その中でもケトジェニックダイエット、ローファットダイエットがあります。

今回はそんなケトジェニックダイエットとローファットダイエットの違いなどについてお話ししていきます。

ケトジェニックダイエットとは?

ケトジェニックダイエットとは、『糖質制限』です。

体は糖質をエネルギーとして使うか、脂質をエネルギーとし使う2つに分かれています。
体は糖質を使い切ってしまうとエネルギーを消費できない為、脂質をエネルギーとして使います。

糖質制限を行い、脂質が多い物を食べる事ができるのをケトジェニックダイエットです。

ローファットダイエットとは?

ローファットダイエットとは、食事から脂質を減らす(低脂肪ダイエット)です。
脂質をカットすることによってトータルカロリーが抑えられ、体が絞れていくと言うダイエットです。
ですが、糖質制限では無いので、1日の糖質の摂取量を食事全体の6割に抑え、脂質を1割、タンパク質を3割に抑える食事を基本的にはローファットダイエットといいます。

ケトジェニックとローファットの比較

ケトジェニック
<主成分> 肉・乳製品
<効果> 脂肪と筋肉の減少
<副作用> めまいふらつき・体臭増加・体力低下・集中力低下

ローファット
<主成分> 穀物・芋類等
<効果> 脂肪とやや筋肉の減少
<副作用> 乾燥肌

ケトジェニックダイエットでは筋肉の減少してしうのに対し、ローファットダイエットでは脂肪を落として筋肉はやや減少程度といわれています。

副作用に関しては、ケトジェニックでは脂をメイン成分としているので、体重減少前の準備期間で、めまい・体臭・集中力低下などの症状があります。
ローファットでは、脂質を制限しているので乾燥肌になりやすいです。

成果が出るまでの期間・リバウンドのしやすさ

ケトジェニック
<期間> 2週間〜1ヶ月程度
<成果> 変化が早い
<食べれる食材> 糖質以外
<リバウンド> しやすい
<費用> 高い

ローファット
<期間> 3ヶ月〜半年程度
<成果> 変化はゆっくり
<食べれる食材> 脂質は✗・糖分も制限があり
<リバウンド> あまりしない
<費用> 安い

ケトジェニックダイエットの期間が短いのは、効果が早いですがそれだけ身体への負担が大きいということです。
ローファットは、3ヶ月〜半年と期間が長めです。ゆっくりと脂肪を落としていくので身体への負担が少ないのが特徴です。

ケトジェニックダイエットをする為には

ケトジェニックダイエットをする為には糖質をしっかりと制限する必要があります。

体にはグリコーゲ(糖質)が貯蓄されています。それを全て使ってしまわないことには、ケトジェニックダイエットの肝である、脂質をエネルギー源にする為のシグナルがうまく働かないです。
その為、糖質を制限する事がとても大切になります。そしてケトジェニックダイエットは代謝と関係が深いです。
主な代謝として働いているのが新陳代謝です。新陳代謝はエネルギーとして、脂質とタンパク質を多く使います。

ケトジェニックダイエットでは、脂質とタンパク質を多く摂取して、炭水化物の摂取を控える事で糖質がエネルギーとして使われなくなり、脂肪(ケトン体)がエネルギーとしては使われます。



身体を作るためにはたんぱく質も重要です。
たんぱく質をもっと知りたい方はこちらをクリック
   ⬇⬇⬇⬇⬇⬇

筋肉=たんぱく質!本当にたんぱく質は必要なのか?

ローファットダイエットをする為には

最初の4〜6週間なるべく脂質を抑えた食事を意識しましょう。
ローファットダイエットをするにあたって脂質は抑えたいですが、炭水化物やタンパク質を摂取できるので、体に対する負担が少なくオススメです。

そしてローファットダイエットを上手く進める為に必要なのが、食事の摂取の仕方です。
その食事の内容を炭水化物6、タンパク質3脂質の割合を1に抑えた食事にしましょう。

ローファットダイエットは男性でも女性でもオススメです。特に初心者の方にオススメです。
いきなりカロリーを抑えすぎて、筋量が減ってしまうのは良くはありません。
ですから、栄養はしっかりと摂ることのできるローファットダイエットがオススメです。



さらに効率よくダイエットするには「スーパーフード」をオススメします。
気になる方はこちらをクリックしてください。
    ⬇⬇⬇⬇⬇⬇ 

現代人を助けるスーパーフード7選!

ケトジェニックとローファットを交互に行う方法

ケトジェニックダイエットをスタートして、目標体重まで続ける必要は決してありません。
ケトジェニックダイエットは確かに体重の減りは早いですが、体の負担も大きくリバウンドのリスクもあります。

例えば、初めの3週間はケトジェニックで体重を落とし、その後はローファットダイエットに切り替えても良いです。

逆に、ローファットダイエットからスタートして、体重の減りのペースが落ちてきたら、一時的にケトジェニックダイエットに切れかえても良いと思います。

まとめ

今回はケトジェニックダイエットとローファットダイエットについてでした。

糖質制限をするケトジェニックダイエットと、脂質を制限してカロリーを落として減量をするダイエットのローファットダイエット、どちらにも良い点と悪い点がありますが、外食が多い方はケトジェニックで糖質を制限して、脂質とタンパク質をしっかり摂取する。
自分で食事を意識できる人であれば、ローファットで脂質をカットして炭水化物を摂れるダイエットをしても良いと思います。

ボディーメイクをする中で必ず減量やダイエットをしなければなりません。
そんな時は今回ご説明させて頂いた、ケトジェニックダイエットやローファットダイエットをお試しください。

SHARE!

BLOG TOP