BLOGブログ

健康の鍵は100兆個の腸内細菌!?

健康長寿に非常に重要な働きをしているのが腸だと言われています。

今回は健康に過ごすために必要な腸についてお話しをさせていただきます。

普段何気なく過ごしている皆さんも、腸内の細菌が今の体を支えているということを念頭に置いて是非ご覧ください。

腸内細菌の種類な3種類に分けられる

腸内には細菌がおよそ1000種類、100兆個も生息していると言われています。

人の腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和菌の3つに分けられています。
これらの菌は互いに密接な関係を持ち、複雑なバランスをとって存在しています。

腸内の中で最も数が多いのは日和菌。次に善玉菌。悪玉菌は少数となっています。
腸内細菌の種類は個人それぞれによって変化があり、食事、国、性別などによって異なります。
また、菌の数は年齢によって増減があるものの、菌の種類は一生を通じて変わらないという報告もあります。

善玉菌とは?

ビフィズス菌や乳酸菌と言った腸内環境を整える為の菌として有名です。
菌の数としては、ビフィズス菌が乳酸菌の1千倍多くあり、ビフィズス菌は酸素があると生きられませんが、乳酸菌は生きられるという違いがあります。

善玉菌が増える事で悪玉菌の増加を抑制する事ができ、免疫力を上げると言われています。

悪玉菌とは?

悪玉菌は腸内に存在している腸内環境を悪くする働きがあります。
便秘などの原因も悪玉菌が関係しています。腸内で有害物質を作る菌として有名で、免疫力などを下げ、感染症を引き起こすとも言われています。
肝臓などの臓器にも負担をかけます。

日和菌とは?

日和菌は腸内の7割の腸内細菌と言われていて、善玉菌や悪玉菌どちらともの味方をしてしまう菌と言われています。
通常は善玉菌の味方をしますが、悪玉菌が増えると悪玉菌に優勢になるようになってしまうため、日和菌は腸内の中性的な役割がある細菌です。

善玉菌と悪玉菌と日和菌の作用と体への影響とは?

善玉菌の作用は『ビタミンの合成』『消化吸収のサポート』『感染予防』『免疫の刺激』の作用があります。
体に対する影響として、健康の維持と老化防止、セロトニンの分泌を増やしストレスフリーなどがあります。

悪玉菌の作用は『腸内の腐敗』『細菌毒素の生産』『発癌物質の生産』『ガス発生』があげられます。
体に対する影響としては、健康の損害、病気や怪我の引き金、老化の促進などの健康被害の問題が挙げられます。

日和菌の作用は特にありません。体に対する影響が健康な時は善玉菌の作用を助けるため大人しいですが、悪玉菌が優勢になってしまうと、悪玉菌の作用を助けてしまうため腸内で悪い働きをしてしまいます。

善玉菌をうまく働かせる短鎖脂肪酸とは?

短鎖脂肪酸は、痩せ体質になる万能成分として有名です。
短鎖脂肪酸は体内でこのような働きをします。
『脂肪の蓄積を減らし、全身の代謝を活発にして肥満を防ぐ』
『糖尿病に関係するインスリンを増やす』
『アレルギー反応を抑える制御性T細胞を増やす』
『セロトニンの分泌を増やす』などの効果があります。

なぜ短鎖脂肪酸が善玉菌をうまく働かせるかと言うと、それは善玉菌をうまく働かせる腸内細菌を増やすからです。
腸内細菌を増やす事で、食物繊維やオリゴ糖を餌にして短鎖脂肪酸を作り出し、その効果で善玉菌が活性化して腸内の働きを活発化させると言われています。

便秘の時は水溶性食物繊維を取ろう

便秘の時の時は「食物繊維を摂る」
間違ってはいないですがそれだけではいけません。
不溶性食物繊維は便秘の時は腸内を更に刺激してしまうからです。
ただでさえ、便秘の時は腸内に刺激が強くかかってしまっている為、水溶性食物繊維などの便を緩くするような食物繊維を摂取しなければなりません。

リキーガット症候群とは?

リキーガット症候群とは漏れやすい腸内と言われていて、血液内に病原菌が侵入してしまうことです。

悪玉菌が優勢になってしまい腸内環境が悪化してしまうと言われています。
改善策としては、オメガ3や緑黄色野菜をとり、アルコールやカフェイン、グルテンを控える事が大切になります。

太らせ菌ファーミキューテスとは?

ファーミキューテスは腸内細菌にあるもので、別名「太らせ菌」とも言われています。
このファーミキューテスが多い人は、肥満の人になりやすいと言われています。

赤ちゃんは無菌状態で生まれてくる為、ファーミキューテスを多く持った人がファーストタッチすると、その赤ちゃんも肥満になりやすいと言われている。

まとめ

腸内は人が生きていくために、必要な腸内細菌を保有して精製しているところです。

腸内細菌は1人の人間に約100兆個から1000兆個あると言われ、重さで言うと約2キロ程あります。それらが人間の消化や吸収を助けています。
普段の食事から意識して腸内を活性化させることが、健康的になる為の第一歩です。
普段の食事から腸内を良くしていけるように、是非食事をこだわってみてください。

SHARE!

BLOG TOP