BLOGブログ

どっちが痩せる?有酸素運動VS無酸素運動

ダイエットを始めるうえで、一度は考えたことはあるでしょう。

結局、有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)はどっちが痩せるのか?

体重を減らしたい人のほとんどが、効率よく痩せたいし、健康的に美しく痩せたいことと思います。

今回のブログは、そんな疑問を解決して皆様のダイエットのお役に立てればと思います。

有酸素運動とは

有酸素運動とは、酸素を使って脂肪を燃焼させる運動のことです。
軽〜中程度の負荷を、継続的にかける運動で、体脂肪の減少や高血圧の改善に期待できます。

どのような運動が有酸素運動なのかご紹介していきます。

ウォーキング

有酸素運動といえばウォーキングをイメージする方も多いと思いますし、老若男女の様々な方ができる有酸素運動だと思います。
しかし、ゆっくりと歩くだけでは脂肪燃焼は期待できません。
例えば、姿勢を正し、腕をしっかり振りながら歩幅を広めにして、スピードもいつもより速く意識すると良いでしょう。
時間も、30分から60分ほど歩き続けると、脂肪燃焼効果が高まります。

時間が中々作れない方も、普段の生活にウォーキングを取り入れることも出来ると思います。
例えば、、、
・通勤で電車に乗った際に、1駅手前で降りて歩く。
・エレベーターやエスカレーターは使わずに階段を使う。
・ランチは少し遠い店に歩いていく。
など、日々の生活に取り入れれると楽しく始めることが出来ます。

ジョギング

ウォーキングでは強度が物足りない方は、ジョギングがオススメです。
ジョギングは息が上がるほどの早いペースは必要ありません。軽く会話が出来るほどのスピードで、30分ほど走れると良いですね。

最初はジョギングを30分間走り続けるのは辛いと思うので、ウォーキングとジョギングを5分おきに交互に繰り返しても良いと思います。

サイクリング

サイクリングも有酸素運動です。
有酸素運動にするには、ギアを軽くして回転数を上げることにより脂肪燃焼効果が上がります。
ギアを重くしすぎてしまうと、有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまうので注意が必要です。

ヨガ

動きの少ないリラックスヨガは脂肪燃焼の効果は余り期待できません。
有酸素運動としての効果を出したい場合は、動きが多くて汗をかくくらいのポーズを行うヨガにしましょう。

リジュブフィットネスにもヨガを開催しているので、是非受けてみて下さい。

無酸素運動

短い時間に大きな力を発揮する、強度の高い運動が無酸素運動です。
無酸素運動は、運動中に呼吸をしないという訳ではありません。
有酸素運動とは違い、筋肉を使うエネルギーは酸素を必要とせず、糖をエネルギーとして利用することから、無酸素運動といいます。

無酸素運動は大きく分けて2つに分かれます。



筋トレ

筋トレは、自重からマシン、ダンベルまで、自分の体力に合わせた負荷を調節できます。
ダイエット目的であれば、筋肉量が多い大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を鍛えることができるスクワットなどがオススメです。

ダッシュ

ダッシュ(短距離走)は代表的な無酸素運動です。
下半身の筋肉はもちろん、フォームを安定させるために体幹も鍛えられ、腕を大きく振るために上半身の筋肉も鍛えることができます。

この競技は有酸素運動?無酸素運動?

ここまで、ウォーキングが有酸素運動、筋トレが無酸素運動とご紹介してきました。
では様々な競技がありますが、それらの競技は「有酸素運動」なのか「無酸素運動」なのか?
その答えは、ほとんどの競技は「有酸素運動でもあり無酸素運動」といえます。

スポーツでは、瞬間的な動きの場面と、長時間一定の動きを続ける場面があります。
そもそも、この有酸素運動と無酸素運動は、はっきりと区別がされているわけではありません。
無酸素運動と紹介した筋トレも、軽い負荷を繰り返し続けるようなメニューは有酸素運動の要素が強いですし、有酸素運動と紹介したランニングも強度が強ければ無酸素運動の要素が強くなります。

ですので、様々な競技は無酸素運動と有酸素運動が組み合わさって成り立っているといえます。

無酸素運動はダイエット効果がある

運動そのものの消費カロリーは、無酸素運動よりも有酸素運動のほうが高いといわれています。
しかし、無酸素運動にも沢山のメリットがあります。

無酸素運動は筋力を向上させることが期待できますが、他にも健康維持や病気の予防の効果が期待できます。さらには、最近ダイエット効果が非常に高いとされています。
その理由が、無酸素運動により筋力量が増えていくことにより、「基礎代謝」が増えていくということです。
筋トレで筋肉量を増やすことにより、「太りにくく痩せやすい身体」を手に入れることが出来ます。

有酸素運動or無酸素運動ではなく、上手く組み合わせる

ダイエット目的の方で、有酸素運動か無酸素運動かで悩んでいる方は、無酸素運動→有酸素運動の順でどちらもトレーニングすることをオススメします。

スクワット、腕立て伏せ、ジャンプなどの無酸素運動をしたあとで、ウォーキングやランニングが良いでしょう。
無酸素運動を先に行う理由は、身体にエレルギーがある状態でトレーニングをするためです。
こうすることで糖質が優先して消費されるため、有酸素運動をする際には脂質が消費されやすくなるメリットがあります。
また、無酸素運動によって成長ホルモンの分泌も活性化され、脂肪燃焼効果が向上します。

まとめ

有酸素運動、無酸素運動の特徴もあまり理解せず、「ダイエットなら有酸素運動」「無酸素運動は痩せない」と考えている方も少なくないのではないでしょうか?
有酸素運動と無酸素運動を上手く組み合わせることと、ライフスタイルや好きな運動、得意な運動をおこのうことも良いことだと思います。
自分に合わない運動は、モチベーションも上がりませんし、続けることも難しいと思います。
ダイエットの1番難しいことは、「頑張り続ける」ことだと思います。
自分にあったやり方を、ぜひ見つけて下さいね。

SHARE!

BLOG TOP