BLOGブログ

サプリメントさえ飲めば、誰もが憧れる身体が手に入る!?

誰もが惚れる身体とは必ず、運動、栄養、休養の3つが揃っています。

さらに身体の進化を成し遂げるために、サプリメントが存在します。

ネット広告などでよく見る、「飲んだら痩せる」「飲んだら身体が大きくなる」など、幻想に近いサプリメント広告が多く存在します。

あくまで3つの栄養素である「運動・栄養・休養」のバランスが求められます。

このブログではサプリメントの様々な部分をご紹介させて頂きます。

サプリメントは効果がある!?

まず大切なのは、サプリメントは「薬」ではなく、足りないところを補う「栄養補助食品」となります。

皆様が普段、食しているお肉やお野菜などと同じで、栄養のある食べ物と同じ扱いとなります。
ですので、
「必ず痩せる」
「健康になる」
「肌がきれいになる」
などは、「薬」ではないので、「効果がある」とはあるとは言えません。

自分に合ったサプリメント

サプリメントは普段の食生活に足りていない栄養を、サプリメントで補うということです。
自分の身体の状態に合った物を選ぶことが大切です。身体の疲れを回復したい時や、目の疲れなどを取りたいときなど、身体としっかり相談して選びましょう。

安全性をしっかり確認する

サプリメントによっては飲み合わせによって、副作用を引き起こすものがあります。
サプリメントの材料などをしっかり確認しすることが大切です。

即効性を期待しない

サプリメントは「薬」ではないので、即効性は期待できません。
しかし、飲み続けることにより効果を期待できます。
ですので数日間ではなく、最低でも3ヶ月は飲み続けることをおすすめします。

誰もが憧れる身体になるには食事が重要

ダイエット
ここから本題ですが、誰もが憧れる身体になるには、どのようなサプリメントを摂れば良いのか?

先程も伝えたとおり、サプリメントはあくまで「補助」ということです。
まず1番大切なのは「トレーニング」です。
これは誰もが理解できると思います。

次に大切なのは「食事」です。
どれだけトレーニングを頑張っても、どれだけ高級なサプリメントを飲んでも、「食事」がしっかり出来ていないと身体を変えることはできません。

そこで美しい身体を手に入れる為の食事をご紹介したいと思います。

朝食をしっかり摂る

朝食の大切さは言うまでもないと思います。
人は6時間ほど睡眠をしますが、前日の夕食から朝食まで10時間ほど間隔があいてしまいます。
もし朝食を抜いてしまうと、昼食までさらに時間が空いてしまいます。
そうすると、身体にエネルギーが補給しないため筋肉も大きくなりません。

夕食の量は注意が必要

日本人の生活スタイルとして、ほとんどの方が一日の食事のメインは夕食だと思います。
夕食をお腹いっぱいに食べて、朝食を抜くのではなく、夕食の量を減らして朝食をしっかり食べることが大切です。

普段、朝食を抜いている方は辛いかもしれませんが、初めは食べやすいものから食べていき、少しずつボリュームを増やしていければ良いと思います。
まずは、朝食を食べる習慣化をつけていきましょう。

食事のバランス

食事はバランスが大切です。
三大栄養素と言われる、
protein→タンパク質
fat→脂質
carbohydrate→炭水化物
このバランスを、PFCバランスといいます。
女性でダイエット目的の方なら、P4:F2:C4のバランスが良いと言われています。

例えば、カツ丼などの揚げ物は油を多く使っています。
その場合、fatの割合が高くなってしまい、PFCバランスが崩れてしまいます。
ですので、食事は油を控えることや、カツ丼であれば衣を剥がして食べるなどをして、少しでもバランスを整えるように工夫してみてください。

ジャンクフードは危険

最近、ジャンクフードを主食化にしている方が多い印象です。
仕事が遅いからファーストフードを夕食に、、、
簡単に、カップラーメンなどでお腹を満たすなどをしてしまっている方もいます。

身体を変えるためには、栄養がある食事はマストです。
自分に投資すると思って、忙しくてもPFCバランスを意識した食事に切り替えましょう。

サプリメントを上手く利用する

先程、PFCバランスをお伝えしましたが、日本人に多いのがタンパク質不足です。
食事だけでは、タンパク質をしっかり摂ることが難しい方が多いです。
そこで、サプリメントの代表格でもある「プロテイン」の有効活用です。

プロテイン

プロテインには正しい情報と誤った情報が多くあります。
まずプロテインは筋肉を作るための材料になるもです。
タンパク質が消化吸収の過程でアミノ酸に代わり体の変化に大きく手助けをしてくれます。
多くのプロテインには、ビタミンやミネラルが少量ながら含まれているものがあります。
栄養補助食品としてはとても素晴らしいものの反面、プロテンを飲んだら太るなどと考えている人も多いのかなと思います。

飲み過ぎは太る可能性もありますし、お腹が緩くなる事もあります。
これは乳糖不耐症というものがありミルク系の消化不良で起こるものです。
プロテインというものが牛乳からタンパク質を取り除き粉末化したものですから、そのような症状にもなってしまいますが、飲み方やさまざまなプロテインがあるので、ホエイプロテインやカゼインプロテインなど、大豆のプロテインもあるのでさまざまな特徴を持っています。
消化吸収をゆっくりしたいのであれば、大豆のプロテインで、吸収の速さを利用してホエイを飲んでみたり、うまくサプリメントを活用してバランスの良い食事と合わせ理想の体づくりをしていってください。

プロテインに関しては、以前のブログで書いたので参考にして下さい。

まとめ

サプリメントは「薬」ではなく、あくまで「栄養補助食品」です。

「サプリメントを飲めば身体が変わる」は大きな間違いです。
身体を変えるには「食事」が大切です。

まずはしっかりトレーニングをして、しっかり食べて、しっかり睡眠をし、そこにサプリメントを加えることにより、効率よく身体が変わります。
上手くサプリメントを使いましょう。

SHARE!

BLOG TOP